体外離脱に正しい戻り方はあるの??

体外離脱をじっさいに試してみるにしても、どのようにして戻るのか気になりませんか?

 

このような不安要素があると、いざ離脱のチャンスが来ても離脱できません。

 

ですので、この不安を先に解消しておく必要があります。

 

 

体外離脱の戻り方

 

結論から言いますと、体外離脱に正しい戻り方はありません。

 

なぜなら、体外離脱は、私たちが毎晩見る「夢」を利用して行いますので、一定数の時間が経つと自然に目が覚めるからです。

 

もしくは、寝返りを打ちたくなるタイミングで目が覚めることになります。

 

ですので、戻れなくなったらどうしようという不安を持つ必要はありません。

 

 

補足として、体外離脱したら戻ってこれなくなるということをネットで発言する方がいます。

 

ですが、もしそれが本当なら、体外離脱研究の第一人者であるロバート・モンロー氏も書籍を出しませんし、この日本でも知られることはありませんでした。

 

そうなると、わたしもあなたも、体外離脱という素晴らしい技術に出会うことなんてなかったのです。

 

 

好きなタイミングで戻れるの?

 

体外離脱の世界は素晴らしいものですが、人によっては何かイヤな気持ちになることもあるかもしれません。

 

たとえば、二度と会いたくないと思うような、ひどく嫌いな人が出てきてしまったりなどです。

 

そんなとき、「今すぐ目覚めたい!!」と思うかもしれません。

 

 

そんな場合、簡単に目を覚ますことのできる対処方法があります。

 

それは、「気合を入れる」です。

 

例えばドラゴンボールなどのキャラが変身する際に両手をぐっと握って、

 

「ハア!!」

 

といって覚醒したりするシーンがあります。
それと同じで、全身に強く気合をいれて脳を驚かせることで簡単に目が覚めます。

 

どのようなイメージをするかは、この限りではありませんが、

 

とにかく目覚めるという意思を強く持ってググっと全身に力を入れるなど、「刺激を与える」事で覚醒度が上がり、目が覚めます。

 

 

すぐに戻るのはもったいないという話

 

体外離脱は基本的に自由な世界です。

 

どんなに嫌なことがあっても、それは現実の世界の話ではありません。

 

自分が全てのルールを決めることができるので、ほんとうは何も怖いことなんてないのです。

 

ですので、どんなに怖い何かが出てこようとも、頭をさすってナデナデしてやればいいのです。

 

 

すぐに戻るのはもったいないということを覚えておいてください。

 

 

体外離脱は難しいといわれることがあります。
ネットでも多くの方が体外離脱のやり方などを検索しているのがうかがえます。

 

ですが、体外離脱を習得してしまうと、考え方が変わります。

 

戻り方よりも滞在時間を長くする方法の方が気になってくるからです。

 

5分とかで目が覚めるのではなく、1時間単位で体外離脱後の世界に滞在したいと思うはずです。

 

 

例えば体感的に12時間以上、滞在できればどんなに素晴らしい体験となるでしょうか。

 

これは、体外離脱がいかに魅力的な現象であるかを、経験者がみんな感じていることです。

 

 

実践できる時間も限られているものですので、毎回の体外離脱体験を精いっぱい体験するべきだと思います・・・。

 

まとめ

 

体外離脱体験は、睡眠中の脳の中で起きています。

 

ですので、何もしなくてもほっとけばスッと目が覚めますので、目が覚めるまで楽しく向こうの世界を満喫する気持ちでいてください。

 

最初は不安かもしれませんが、体験してみるとよくわかるかと思います。


 
体外離脱プログラム2.0 体脱体験ブログ メールマガジン お問い合わせ