体外離脱は現実とリンクする?やっぱりしない!?

 

もう一つの肉体を使ってリアルな世界に入り込める体外離脱。

 

人に話しかければ普通に返してきますし、車も走ってます。

 

あまりにもリアルなので、一瞬これは現実かと疑ってしまうことも。

 

そんなリアルな体外離脱ですが、現実とリンクすることはあるのでしょうか??

 

 

体外離脱で現実の世界に行ったことがある事例

 

 

体外離脱は基本的に脳内現象という位置づけですが、それだけでは片づけられない事例も多々あるようです。

 

といいますのも、なんと体外離脱中に現実の世界で知人と交流をした人物がいるからです。

 

その人物とは「ヘミシンク」の開発で有名なロバート・モンロー氏。
モンロー氏は体外離脱の実験中、実在する場所に行き会話や時間の一致などを調べていたといわれています。

 

ウィキペディアにも少しだけ情報が記載されています。
ロバートモンロー氏の情報(ウィキペディアより)

 

 

また、2005年3月に発行された雑誌「ムー」でも体外離脱の特集が組まれており、
そこでもモンロー氏の情報を目にすることができます。

 

雑誌の中でモンロー氏は体外離脱中、現実の世界の人物とリンクしていたという記述があります。

 

現在手元に資料がなく、具体的なことは書けませんがアマゾンなどでも当時の雑誌はまだ少し出回っています。

 

資料として手元に置いておきたい方はすぐ取り寄せたほうが良いかもしれません。

 

 

このように体外離脱で現実の世界の誰かとコンタクトを取った事例は確かに存在します。

 

ですが、モンロー氏のほかに現実世界とリンクした人がいるかどうかは現在確認できていません。
実際にはたくさんいるかもしれません。

 

体外離脱ができるのでしたら、このような実験を誰かに協力してもらって試してみるのも良いかもしれません。

 

 

体外離脱で現実の世界にいく具体的な方法は?

 

体外離脱で本当にリアルの世界へ行けるとしたら、本当にすごいことだと思います。

 

たとえば、家に居ながらにして沖縄から北海道の友人宅を訪ねるとか、遊園地に料金も払わずに入るとか・・・。
なんでもありということになってしまいます。

 

 

使い方、アイディアは人それぞれ無限大となるでしょう。
これが本当なら、だれでも気になるものだと思います。

 

ですが残念なことに、そこまで可能にする方法はいまだ確立されていません。

 

 

 

私自身も、体外離脱を長い間実践してきましたが、
その確かな方法を知りません。

 

 

ですが、私はそれはそれでいいと思っています。
これがすべて、現実の世界とリンクしていたら一般の方に迷惑が掛かることは避けられないからです。

 

 

なぜなら、体外離脱ができる人は、日本のみならず、世界中にたくさんいます。
そして、それぞれが体外離脱中にどんなことをしているのかは、誰にも証明できないからです。

 

 

まとめ

 

体外離脱で現実の世界とリンクした事例はあるようですが、その確かな方法は確立されていません。
これが毎回できるのであれば、国が放っておかないでしょう。

 

真相はいまだ神秘のヴェールに包まれているといえます。


 
体外離脱方法 体脱体験ブログ メールマガジン お問い合わせ