体外離脱 危険

体外離脱は危険な行為?

体外離脱をやるにしても、気になるのがその危険性ではないでしょうか。

 

離脱したまま戻れなくなったりしたら怖いですよね。

 

霊的な存在を引き寄せてしまうのもイヤです・・・。

 

そこでこの記事では体外離脱の危険性について詳しく解説します。

 

体外離脱したあとで後悔のないよう、しっかり読んでいただければと思います。

 

 

体外離脱が危険といわれる理由

 

体外離脱が危険といわれる理由は2つあります。

 

体外離脱中は肉体が無防備になってしまい、霊に取りつかれやすい。

 

睡眠の質が下がってしまい、日常生活に支障がでる。

 

特に気になるのが、霊的な存在に取りつかれる可能性があるということです。
ネット上でもいくつか気になる体験記事が見つかります。

 

たとえば低級霊に取りつかれてしまい、体外離脱のあとに肩が重くなったという方がいたり、
他にも不純な動機で体外離脱をしたため、まるで悪霊に追いかけられるような悪夢に発展してしまったケースもあるようです。

 

このようなケースを見ると、確かに体外離脱は危険と思っても仕方ありません。

 

また、体外離脱をすると低級霊に取りつかれやすくなると警告するブロガーの方もいます。

 

やはり体外離脱は怖いと思ったのではないでしょうか??

 

安全に体外離脱する方法はあるの?

ですが大事なのはここからです。

 

一番問題なのは、体外離脱の危険性を証明することは誰にもできないという点です。

 

じっさい私自身も体外離脱に対して危険性を感じたことはただの1度もありません。
ネット上では昔から体外離脱のまとめ記事でいつも盛り上がっていることも知っています。

 

本当に危険な行為ならこうはいきません。

 

体外離脱を純粋に楽しむのか、スピリチュアル的な観点でとらえるかによって全く意見が変わってくるといえます。

 

例えば、体外離脱の世界ではいくらやりたい放題の世界とはいえ、犯罪的な行動ばかりとっていると「アク禁」になるという方もいます。(アク禁とは文字通りアクセス禁止のことで、向こう側の世界に嫌われてしまい2度と離脱できなくなることを指します)

 

ちなみに私は「アク禁」になったこともありませんし、体外離脱を危険だとも思っていません。

 

体外離脱は単なる脳内現象の一つと考えています。

 

そして何より、楽しくて仕方ありません。

 

そもそも体外離脱は脳と体のずれが引き起こす幻覚なので、霊は関係ないというのが私の考えです。

 

危険性があるとすれば、睡眠の質が落ちてしまい日常生活に支障が出る可能性があります。
(間違った方法でやっているとそうなります)

 

体外離脱はやらないほうがいい??

世界的には有名な現象で数多く研究されていますが、安全性の証明はまだできていません。

 

なので「これをすれば絶対に安全」というようなことは言えません。

 

体外離脱によって危険なことに巻き込まれるか不安でしたら、やらないほうが賢明です。
その方が精神衛生上いいですし、無理して「保証されないこと」をやる必要はありません。

 

体外離脱を行うかどうかはすべて自己責任になります。

 

しかし私はこの神秘的な脳の旅を放っておくことは出来ません。

 

体外離脱中の世界は驚くほどリアルです。

 

ときには摩訶不思議な世界観を見せてくれたり、ときには日常的な風景が淡々と再現されています。

 

体外離脱はそのような世界に明晰な意識で入り込めるという、すごく価値がある現象です。

 

人生の中で少しでもワクワクする新しい何かを求めるのであれば、挑戦する価値はあるかもしれません。