体外離脱 疲れる

体外離脱は疲れる現象なの!?

いくら体外離脱が楽しいとはいえ、疲れるとなると話は別です。

 

疲労感のせいで明日の仕事に遅刻しようものなら大問題ではないでしょうか。

 

もしも日常生活に支障が出るほどならやるべきではないと思いますがどうでしょう・・・。

 

この記事では体外離脱が疲れるかどうか、経験を踏まえたうえで考察していきます。

 

 

体外離脱で疲れを感じるのには原因がある!?

 

体外離脱が疲れるというのは、そもそも聞いたことがありません。

 

ではなぜこんな記事を書いているのかというと、体外離脱が疲れるかどうか気になる方がいるからです。
(とある調査により判明しました・・・)

 

この記事を読んでいるあなたもその一人かもしれません。

 

それで実際どうなのかということですが、私に限っては体外離脱で疲れを感じたことは一度もありません。

 

離脱後は毎回スッキリしています。

 

体外離脱中は好きなことをして過ごしています。
イヤなことをしていないので、それがストレス解消につながっているのかもしれません。

 

ですが、もしかすると体外離脱で疲労感を感じる方もいるかもしれません。

 

その場合、何が原因なのかを考察してみました。

 

体外離脱が疲れる原因は何!?

体外離脱をすることより毎回疲れを感じるとすれば、どういう状況でしょうか。

 

もしかすると単純に疲れる方法で実践しているだけかもしれません。

 

たとえば毎晩、体外離脱を実践するとしましょう。

 

眠らないように意識を保つような実践方法だと、さすがに毎日行うことはお勧めできません。
どう考えても単純に睡眠不足になるのは明らかだからです。

 

あなたももしかして毎晩体外離脱をしようとして気合で何とかしようとしているかもしれません。

 

ですがその場合、逆効果になると断言します。

 

体外離脱はリラックスできる状況で行うのがベストです。

 

ではどうすればリラックスしながらストレスなく体外離脱ができるのでしょうか。

 

疲れない方法で体外離脱するしかない。

もし、体外離脱ができるけど毎回疲れるというのであれば、その方法を一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

ネット上を見渡せば無数の離脱法が個人の投稿により公開されていますね。
その中にもしかするとあなたに合った方法があるかもしれません。

 

時間はかかりますが、情熱があればひとつずつ実践するのもアリかもしれません。

 

ですが、遠回りをせずに体外離脱を楽に達成したいのであれば、その道のプロから教わるのも一つの手です。

 

体外離脱をストレスなく実践している人は、正しい方法で離脱しているからこそです。

 

明日の仕事に支障が出るようなことは、疲れるので流行りませんし誰もやりません。

 

参考として、たとえば休日を利用して時間帯を考えて実践するのもアリです。

 

たとえば明日が休みという日にだけ実験をするのも良いと思います。
失敗率は高くなりますが、これだと疲れも残りません。

 

他にも例を言えば、休日の昼間に時間をとって実践してみるのも有効です。

 

確実に疲れを感じることなく体外離脱を楽しむことができます。

 

まとめ

 

体外離脱を体験してみたいけど疲れるかどうか心配という場合は、上記を参考にしてみてください。

 

ちなみに私は体外離脱を毎晩やるようなことはしません。

 

やりたいと思った日に狙いを定めて体外離脱を実行していますので疲れません。
方法論もかかわってきますが、毎回安定した体外離脱が体験できる手法を採用しています。

 

体外離脱が疲れるかどうかは、やり方次第で大きく変わるといえます。
また、離脱の手法は人それぞれ向き不向きも考えられますので、ある意味で必然であり、仕方のないことかもしれません。

 

>>疲れが残らない体外離脱方法について(トップページ)